■現在地>トップページ>活動報告>
写真コンテストの報告書
『ユニバーサルデザインが五感で紡ぐまでいの里 思いやり推進事業
「人のやさしさ み~つけた」写真コンテスト』
飯舘村で行われた「第26回いいたて秋まつり」におけるもう一つの結の事業がこの写真コンテストです。
飯舘村内の3つの小学校の4・5・6年生を対象に、一人ひとりに使い切りカメラをお渡して、身の回りにある優しさや思いやりの心を感じた風景等を写真に収めていただき、現像後に一枚 気に入った物を自分で選び、どうしてそう感じたのか、コメントをつけていただきました。
実はこのコンテストを実施するにあたり、事前に以前ご紹介した、結の理事、荒
先生の小学校におけるワークショップの存在を忘れるわけにはいきません。あの時の子
供達の感性が、今回の写真という形で表現されたのですから。子供達の中で、U
Dとは何かという感覚は確実に根付いているのだという事が、出来上がった写真のすばら
しさでうかがい知る事が出来ました。
応募総数は178枚。  人へのやさしさ、おもいやりがどの作品にも表れておりました。

審査員の皆様も、子供達の思いをしっかり受け取ろうと、真剣
に一枚一枚の写真に向き合っておられました。結果は以下の通りです。
★までい賞・・・・・・・・・・・・・・・・草野小4年 石井理央さん
★ユニバーサルデザイン賞・・・・飯樋小6年 須藤ほたるさん・臼井小5年 三浦泉希さん
★優しいで賞 5点・・・・・・・・・・・
★みつけたで賞10点・・・・・・・・
審査員の皆さまをここにご紹介させていただきます。

①小沢喜仁福島大学教授(共生システム理工学類)福島UD推進協議会会員
②星 国央 飯舘村小中学校校長会長
③佐藤 隆明 飯舘村教育委員長
④北原康子飯舘村夫人会庶務
⑤菅野典雄飯舘村長
⑥冨樫美保NPO法人ユニバーサルデザイン・結代表理事

また、このコンテストを実施するに当たり、飯樋小学校、草野小学校、臼石小学校の3校の校長先生を始め、担任の先生方や、公民館の皆様、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。
尚、この写真は  飯舘村公民館に展示されていますし、いずれ福島市内におきましても会場をお借りして展示の予定です。詳しい日程等は決まり次第、HP上でご報告させていただきますので、その際には是非ご覧頂きたいと思っておりま
す。


085008・指さし会話板報告書
080502・飯舘協働事業
080315・福島県UD推進協議会
070919・福島医大病院UD検証
070721・定例会議(1)議事録
070701・総会の報告
070426・受託事業報告


ユニバーサルデザイン・結|E-mail:info@ud-yui.com
本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載・無断利用はご遠慮ください。