■現在地>トップページ>活動報告>
公益信託うつくしま基金 助成事業
「見て、触れて、共に学ぶUDのこころ育成事業」・実施要綱
報告:斎藤 隆夫副代表
 
■事業の目的 
 本県の高齢化率は平成29度に30%を超え、障害者数も90千人から95千人で推移しており、誰もが高齢者、そして障害者になり得ることを再認識し、社会環境のハード・ソフト両面からのUDを推進する必要がある。
福島県新総合計画においては、少子高齢化社会といった多様化する現代に対し「UDを活かした社会づくりの推進」が示されていることからもいえる。

2020年オリンピック・パラリンピックでの訪日インバウンドは4千万人とも見込まれ、野球とソフトボールが行われる本県への来訪観光客は一般観光客も含めると相当数になると予想される。

そうした多様な人々が集まる2020年オリンピック・パラリンピックの本県開催を「おもいやりとお
もてなしをかたちに」するUD推進の機会と捉え、将来を担う学童期の子ども達を対象とした体
験型学習を行うことにより本県のUD推進の一助とする。
 
 
(1)第1回「UDってなんだろう?」 
開催日時:令和元年7月27日(土)13:30~16:00
場所:福島県建設センター
  目的:講義とUDすごろくの体験をとおしてバリアフリーやUDについて考える。
  内容:第一部「UDセミナー」
①UDの基本理念、バリアフリーとの違い
②障がい者による講話   講師 声となり空間代表 岡部 茜 氏

第二部「UD体験:UDすごろく」講師 黒澤 誠一 氏
(2)第2回:「UDスポーツ・ボッチャを体験しよう!」
開催日時:令和元年8月1日(木)13:30~16:00
場所:AOZ 多目的ホール

目的:パラリンピックの正式種目である「ボッチャ」の体験と、高齢者や障がい者との交流をとおして、個性と多様性について理解する。

内容:「ボッチャ交流試合」
パラリンピック正式種目の「ボッチャ」の成り立ちやルールを学び、3グループに分かれ試合を行う。

講師 福島県ボッチャ協会 國分章夫 氏、二階堂俊介 氏、
ボッチャ若手育成選手 菅野真樹 氏
(3)第3回:「やさしさ見っけ隊・UDフォトコンテスト Good&Bad 」
開催日時:令和元年9月21日(土)13:30~16:00
場所:福島県建設センター
目的:街歩きをとおして身近に見つけた「Good&Bad 」を撮影し、何がやさしくて何がやさしくないと感じたのかを考えることによりUDの理解と醸成を図る。

内容:子ども達が街歩きをしながら見つけたバリア・バリアフリーの応募写真について3部門ごとに審査を行い結果の表彰及びUD基調講演を行う。

審査員:福島県建築士会県北支部長 阿部良樹 氏 他4名
基調講演講師:大和田 新 氏

 詳しい事は以下よりダウンロードして下さい。  
※パンフレット及び参加申込み書  

※UDフォトコンテスト応募要項  

UDフォトコンテスト応募、ワード版DL出来ます。

ユニバーサルデザイン・結|E-mail:info@ud-yui.com
本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載・無断利用はご遠慮ください。