■現在地>トップページ>組織概要(代表挨拶)
代表理事のあいさつ



  会員のみなさまにおかれましては、益々ご活躍のことと思います。

 この度、平成28年度をもちまして辞任することとなりました。

 思い返せば平成18年に本法人を立ち上げてから早いもので11年が立ちました。福島県における様々な分野における、ユニバーサルデザインの推進のため、尽力してまいりました。例えば、教育啓発では学校でのUD出前講座、県内はもとより北海道や京都、神戸と全国にUDスゴロク活用してのワークショップの展開、さらに調査研究・提案では、まちなか検証や観光地でのUDチェックを行いました。

 さらにUD コンサルテイングでは、飯館村とまでいとUDによる1年間に及ぶ協働事業実施。

 そして、東日本大震災以降、応急仮設住宅のUD調査・提言等を、福島の未来を担う高校生と、阪神淡路大震災を受けた神戸の高校生と共同して行ったことは、結にとっての貴重な活動の1つだと思っています。普及啓発で作成した、行政の窓口用や歯科医用の指差し会話板は、現在も多くの自治体や歯科医で活用されています。

 このように11年間の様々な活動を通し、福島県内外へUDの理念「おもいやりの心」を広げ、福島県のUD推進を牽引するとができたと自負しています。

 これも、役員はじめ会員のみなさまのご協力やご支援があったからこそと、心より深謝申し上げます。

皆さんとの出会い、活動を通して知り合った人との出会いは、宝物です。

つながり=結は、私の宝物です。

 代表は、退きますが、これからもその結びつきを大切に、結の活動を盛り上げていけたらと思っています。

ありがとうございました。

平成29年7月吉日
                          冨樫 美保

 ユニバーサルデザイン結
顧問(前代表理事)
富樫 美保 Togashi Miho
 
 ■設立時の思いより
  日頃より当会に、ご理解ご協力を賜り感謝申し上げます。
また、先日は結結成1周年記念事業も盛大のうち、無事終了できましたこと、改めて感謝申し上げます。


さて、「きっとやらなかったら後悔する」という思いで昨年3月に立ち上げた結です。6月に認証受けてから、活動も精力的してまいりました。それも皆さまのご支援、ご協力があってのこととの心より深謝しております。


私は、かかわる以前、NPO活動は、余裕のある人が、あるいは魂の高貴な人々がするものかと思っておりました。しかし自分が初めてみて気がついたことは、一日一日を大切にする、それも強欲なほどに、充実した日々を送りたい!そう思う人がやるのだと思っています。いずれ終わる人生、自分らしく豊かに生きたいですね。


1年間の活動の中で、パワーのある魅力ある人々に出会いました。人との繋がり、どんどん広がります。それこそが、NPO活動の一番の良さであり宝だと思います。

考えてみれば、一日として同じ日はなく、同じ人には出会いません。その一日の価値がいかに大きいか・・・・。

私は、活動をするにつれ本当の豊かさとはありがたいと思う気持ち、人と人とが助け合おうとするこころの上に成り立つのではないだろうかと感じております。


いよいよ、2年目に入りました。昨年を振り返り、一歩づつ確実に歩んでいきます。笑顔が、幸せをつれてくる・・・・皆さんも、是非活動にご参加下さい。お待ちしております。


会員の皆さまとの絆を強め2年目スタートです。
更なる発展を目指しましょう。

変わっていく時代、失われていくもの
その中でユニバーサルデザインの考え方は
やさしさのある社会を生み出します。
こころから・・・。

(2007/07/24)
 
   
ユニバーサルデザイン・結|E-mail:info@ud-yui.com
本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載・無断利用はご遠慮ください。